スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明けましておめでとうございます 
明けましておめでとうございま~す

2009j3
うっすら富士山(年末に行った八ヶ岳より)。

日本に戻ってきてから、早くもあと少しで半年。
おかげさまで、千葉の地でのんびり元気にやっています。
でも、帰国後、夫が案の定、仕事人間と化してしまったので、平日はほぼ母子家庭状態
そのせいか、娘、完全にママっ子になってしまった。。
このお正月休みで、娘とパパの絆がだいぶ復活したみたいだったけど、今後またどうかな~??

2009j5
娘は日々大きくなり、そして自我も拡大中。
じっとしているのは、食べている時だけ。
彼女の頭の中95%以上は食べること、らしい。
そんなわけで遊びの大半も、お飯事。
(ままごとって、飯事だったのね。ママごとだと思ってた。漢字変換で気付いたよ)

今年やりたいこと:
 ・山、砂漠、寺に行きたい。
 ・果樹を植える(林檎とサクランボ、どっちがいいかな??)
 ・針仕事(主に娘の服)、パン作り。ピアノ。
ベクトルがあっちこっち向いちゃってるんですが、
今年も、どうぞお付き合い&ご指導のほど、よろしくお願いします


--------------------

2009j1
八ヶ岳で、森の中に素敵なカフェ↑を見つけたよ。
アイルランドから来たザッチャー(萱葺き職人)が造ったんだって。
お店の中も素敵な空間で、コーヒーがとてもおいしかった
Cafe Antibes  

冬の乾いた森も好き。
2009j2
In the Night Gardenに夢中 
inthenightgarden1

BBCでやっている子供番組『In the Night Garden』
夜の庭(庭というより、森)で、繰り広げられる物語。
柔らかな光の映像がきれいです。
ストーリーもファンタジーで、キャラクターも愛らしい。

現在、にょん子が、一番夢中になっているものです。

そして、実は、私も夢中だったりする^^
マカパカのダンスが、かわいいのです。
密かに練習してみてるんだけど、けっこう難しい…。
YouTubeでも見られます↓↓
(YouTubeのブログ埋め込み方法がわからなかったもので…
http://www.youtube.com/watch?v=zIxrNHfyl48
公式サイトはこちら

この番組、日本でも放送されるといいな~

今週末、ダンディの家を出発します。
次のブログ更新は、千葉の家から、かな??
それまで皆さま、ごきげんよ~う
帰りま~す -旅の記録- 
我が家、6月終わりに日本へ帰国することになりました。
帰国が決まってホッともしているけど、この風景と別れるのは寂しい。。。

2年前に渡英してきた時は
この国をなかなか好きになれずにいたのですが、
いつの間にか、この国をとても好きになっていました。
空と海と山が身近にあって、いい所です。
スッキリしない天気も、慣れてしまえば、天気の変化を見てるのが楽しいし、
食べ物も、この頃は美味しいものを見つけられるようになりました(これも、慣れただけ??)。

スコットランド、最後の旅かな、と思いつつ、
また北の方へ行ってきました。


++旅の記録+++++++++++++++++++++++++

-Isle Of Skye- 山がある島が好きなので。

J1

J2

主要道を外れると、1車線の道が多い。

J3

Waternish、Steinという小さな町で。 
夕飯時の夕焼け。

J4

何戸か見た萱葺きの屋根。

J5

木版画のギャラリー。
元板(って言うの??)を見せてもらったら、あまりにも緻密でびっくり。躍動的でおもしろい。
この島は、このギャラリーのように、白壁にグレーのスレートの屋根で作られた家が殆ど。

J6

このモチーフ、スコットランドのラッキーチャーム。『Luckenbooth』と言います。
婚約のときに交換して、赤ちゃんが産まれたら、evil spiritsから子供を守るために、
赤ちゃんをくるむショールにつけるんだって。
今までずっと探していたのに、好きなデザインのものが見つからなかったのですが、
この島でやっと出会えました。大切に使って、いつか娘が大きくなったら譲りたいな。

-Summer Isles- ぶらぶらドライブ
J8

Achnahaird Bay
南の島みたい、なビーチ。

水着ではしゃいでるファミリーもいましたが、
私たちには、とても真似できません。凍えます。
ボディボードをやってる家族もいました。波、ないんだけど…^^

ここ、キャンプ場にもなっています。
ゆっくり滞在して、晴漕雨読(晴れた日は海でカヤック、雨の日は読書)なんて良さそう。
場所は、Ullapoolの少し北です。

J7

Achiltibuie
ちょんちょんと並んでいる島がSummer Islesです。

こんな海と空を眺めながら、1週間くらい過ごしたいなぁ。
って、時間の感覚がだいぶヨーロッパ的になってる??
日本に戻って、忙しい日本社会に順応できるかなぁ。…不安。


-Cawdor Castle- お庭に遊びに。
J14

J9

フォーマルなのに、☆型が可愛い~。
星型の中は、ラベンダー。花が咲いたら、きれいだろうなぁ。

J11

J12

多くの花はこれから。
咲いたら、迫力でしょうね。
…その頃にはもうスコットランドにいないのが、残念。

J13

お城にかかる跳ね橋と、ウヒャウヒャ歩く娘。

にょん子、いよいよ歩き出しました。
今は、歩きまわるのがとにかく楽しいらしく、
ここの庭でもごきげんに遊んでいたのは良かったんだけど、
どうやらここで、ダニをもらってきてしまった。。
家に帰って気付いたら、5ミリくらいのが娘の顔にくいついていました。ひょぇ~

気付いたのが夜で、病院はすでに閉まっており、
でも、そのまま翌朝まで放っておくのもイヤだったので
がんばって自力で取ってみたのですが、失敗。口が残ってしまった…
これって、このまま放っておいていいのかな??
やっぱり病院に連れていけばよかった。。

ダニが付くなんて、思いもしなかった。
歩き出すと、こんな想定外事件も増える??


++++++++++++++++++++++++++++++
日本帰国後は、千葉市内に住むことに決まりました。
(社宅選びで、築40年ものの都内か、新築の千葉か、を選べと言われた。究極の選択じゃない??)
日本の皆様、どうぞよろしく~!!
北へ-Sandwood Bay 
ブログ、だいぶご無沙汰になってしまいました。
我が家、まだネットがつながっていなくて、不便不便~
時々、WiFiカフェに行ったり、大学の院生部屋にこっそりお邪魔して(ゴメンナサイ!!)、
皆さんのブログや日記を読んで、満足しているこの頃です。


先日、無性に北に行きたい旅情にかられ、
スコットランド北西端を旅してきました。
スケールの大きな海、山が印象的でしたので、写真でちょっとご紹介します

NorthHighland_1

ナビカンやお店の名前は、英語とゲール語の両方表記になります。

NorthHighland_2

厚い氷に覆われていた太古の時代に
氷河に侵食されて山の固いところだけが残って、
こんなおもしろい地形になったんだそう。

地球の力を実感!!
夫と私、元々ワンゲラーなので、こんな風景を見るとテンション↑↑

NorthHighland_3
NorthHighland_4

無数の湖や複雑な入り江、光と雲。
スコットランドでは、湖をloch(ロッホ)と呼びます。
このchは、喉を鳴らす感じの音なんですが、
『イングランドの人は発音できないのよ。フフッ。』と、昔、英語の先生ジェニーが言ってたっけ。

地形に沿って道路もあるので、クネクネ&上ったり下ったりの道。
ブラインドサミット(坂を上りきるまで、道の先が見えない!!)がいくつもあって、ヒエ~!!

NorthHighland_5

湖のほとりにたたずむArdvreck Castle。
雰囲気があって素敵でした。
でも、車を停めた所に置いてあったリーフレットによると、
このお城も、ゴーストがたくさん住んでいるんだって。
こうゆう朽ちたものの雰囲気は好きなんだけれど、ゴースト話は苦手。。。

NorthHighland_6

春は子羊の季節。
あちこちでたくさん見かけました。羊って多産なの??それとも羊の数が元々多いから??


車を降りて、フットパスを歩いてみました。
目指すは、Sandwood bay。
以前、この浜の幻想的な写真を見て、ずっと行きたいと思っていたのです。
(ジョンミューアトラストに管理されています★http://www.jmt.org/assets/pdf/fact%20sheets/sandwood-fact-2006-11-15.pdf★)

スタート地にいたロバさん。
ガラスの仮面にこうゆうキャラ、いたよね??
NorthHighland_7


NorthHighland_8

NorthHighland_9

NorthHighland_10

いくつもの湖の横をテクテク歩くこと約1時間半。

そして、ようやく海!!

NorthHighland_11

足で歩いて辿り着いた浜って、より解放感を感じられて好き。
この浜、このあたりの羊飼いたちに『人魚が休みに来る浜 』と言われているんだって。

にょん子もサラサラの砂浜に大喜び。
砂で遊んだり、砂を食べて泣いたり。
うれしそうに立ち上がっているけれど、まだ歩けませ~ん。
NorthHighland_12


NorthHighland_13

NorthHighland_14

宿泊したUllapoolの町とLoch Broom。
lochと言っても、これは氷河に削られてできた入り江。雄大です。
ここのfish&chips、サクサクでおいしかった♪今までに食べた中で1番!!

この旅で、初めてフィヨルドを見て感激~。
今度は、地球の歴史を勉強したくなってきました^^
『スコットランド、山じゃなくって丘しかない』と今まで思っていたのですが、
今回行ったあたりは、海抜0mからドカーンと標高1000mくらいまで一気にたち上がる山がいくつもあって、山の迫力を楽しめました♪
ダンディに戻りました 
ダンディに戻ってきて、1週間がたちました。
再びのこの町での生活に、ボチボチ馴染んできたところです。
でも、家にネットがきてないので、ちょっと不便。今は、大学にある教会内のカフェにPCを持ち込んで、やりくりしてます。
(そうそう。ここのカフェのホームメイドスープ、優しい味でおいしいの♪£1.6とお得だし。)

こっちに戻ってきて、いくつか驚いたことが。

まず、物価が安くなった!?

なんでも高い高い、と思っていたUKでしたが、
UKを離れていた間に、ポンドが£1=¥250から¥200くらいに急落したお陰で、
だいぶ安くなったように感じられるのです。

だって、円になおすと、
例えば5000円だったものが4000円に。
10000円だったのが8000円に。
ちょっとちょっと、いきなり2割引きですよ、奥さん。

H&Mとか、フランスよりもお得な気がして、
浮かれて、こんなもの↓買っちゃいました♪
choucho.jpg

これで£4=¥800くらい。安い、よね??

海外に暮らして1年半経ちましたが、まだまだ日本円に換算してモノを見る癖が抜けません。
いや~、為替って魔物ね。


それから、もうひとつの驚きは、↓↓
entotu

煙突!!!
こんな味気ない煙突、これが今のウチのリビングからの景色なのです。
初めてこの煙突の存在に気付いたのが、家に着いた翌朝・夜明けの頃で、
この煙突&その横に月があったりして。
『月がでたでた~月がでた~♪ヨイヨイ』の世界。
哀愁~。ちょっと涙が出そうになりました。。

今の住居は、大学の家族向け寮なのですが、
元工場地を大学が買い取って寮にしたようです。
建物内はきれいに整備されているのですが、無造作に残っている煙突からもわかる通り、周りの環境はまだまだ寂れた工場跡地から脱しておらず、今一。
住居って、家のなかだけじゃなくって、周囲の環境もほんとうに大事なのね~。と、暮らしながら実感中。
今度は、テイ川(海)が見える家に住みたかっただけに、ギャップが大きいです。。
大学さん、寮の周囲の街づくりもしましょうよ。ねえ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。