スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほぉぉ~。chestnut!! 
今日、初めて気付いたコト
栗の横文字(?)と言えば、
そりゃズバリ『マロン』でしょ!?
でも…それって英語じゃなかったのね~。
英語ではmarronじゃなくて、chestnutだったのね~!!

Iコさんが『栗の水煮を見つけたよ』とのことだったので、
『あるかな~??マロンマロン♪』と思いつつ、スーパーをウロウロ。
で、見つけたのはコレ↓↓
marron

『お!!マロンめっけ♪』と、手にとって、
ふと缶の裏側を見ると↓↓
chestnut

チェスナッツ~??

その隣にあるchestnutと書かれた缶を見ると、
とってもかわいいイラスト↓↓
chestnut_kan

irust

…コレって栗だよなぁ。
ほぉぉぉ~!?

と、ココで初めて、栗は英語でmarronではなく、
chestnutなのだという事実に気付いたのでした(at Sainsbury's)。
今まで、
『chestnut=なにかの実=栗ではナイ』
と思っていました…。
栗、今まで見過ごしていたかも~!!好物なのに~!!
はぁ~相変わらずおバカな私です。

というわけで、今日は栗の水煮とペーストをゲット♪
これでモンブランを作ってみようかな~なんて思っています。
スポンサーサイト
 
まぁ #-
 
うん、私もまったく同じことを思ってました。栗は「マロン」だと・・・。
ある秋の日に旦那が「キャンパーダウンに栗拾いに行こう!」と言うので「今日は栗ご飯かな・・・」と、ワクワクしながらついて行ったら、なんとその栗は遊ぶ用の栗で食べられない栗だったのです。
こっちは食用とそうじゃないのがあるんだって。
えみ #iirdRl6I
 
>まぁさん
食べられない栗、なんていうのがあるんですか~!?それもショックだぁ~。甘柿と渋柿の違いよりも厄介ですね。
遊ぶ用の栗??う~ん。どうやって遊ぶんでしょ??なんだか痛そうですが、イガイガで遊ぶのでしょうか??

秘密にする

 
トラックバックURL
http://rottarotta.blog77.fc2.com/tb.php/38-0c83a08d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。