スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダンディに戻りました 
ダンディに戻ってきて、1週間がたちました。
再びのこの町での生活に、ボチボチ馴染んできたところです。
でも、家にネットがきてないので、ちょっと不便。今は、大学にある教会内のカフェにPCを持ち込んで、やりくりしてます。
(そうそう。ここのカフェのホームメイドスープ、優しい味でおいしいの♪£1.6とお得だし。)

こっちに戻ってきて、いくつか驚いたことが。

まず、物価が安くなった!?

なんでも高い高い、と思っていたUKでしたが、
UKを離れていた間に、ポンドが£1=¥250から¥200くらいに急落したお陰で、
だいぶ安くなったように感じられるのです。

だって、円になおすと、
例えば5000円だったものが4000円に。
10000円だったのが8000円に。
ちょっとちょっと、いきなり2割引きですよ、奥さん。

H&Mとか、フランスよりもお得な気がして、
浮かれて、こんなもの↓買っちゃいました♪
choucho.jpg

これで£4=¥800くらい。安い、よね??

海外に暮らして1年半経ちましたが、まだまだ日本円に換算してモノを見る癖が抜けません。
いや~、為替って魔物ね。


それから、もうひとつの驚きは、↓↓
entotu

煙突!!!
こんな味気ない煙突、これが今のウチのリビングからの景色なのです。
初めてこの煙突の存在に気付いたのが、家に着いた翌朝・夜明けの頃で、
この煙突&その横に月があったりして。
『月がでたでた~月がでた~♪ヨイヨイ』の世界。
哀愁~。ちょっと涙が出そうになりました。。

今の住居は、大学の家族向け寮なのですが、
元工場地を大学が買い取って寮にしたようです。
建物内はきれいに整備されているのですが、無造作に残っている煙突からもわかる通り、周りの環境はまだまだ寂れた工場跡地から脱しておらず、今一。
住居って、家のなかだけじゃなくって、周囲の環境もほんとうに大事なのね~。と、暮らしながら実感中。
今度は、テイ川(海)が見える家に住みたかっただけに、ギャップが大きいです。。
大学さん、寮の周囲の街づくりもしましょうよ。ねえ。
スポンサーサイト
1歳になりました♪ 
にょん子、昨日で無事1歳になりました。
わ~い。パチパチ

産まれてきた頃、小さくって弱々しくって、体重もなかなか増えてくれなくて、
毎日イジイジ心配していた日々がもう遥か昔のことのような、いやまだ昨日のことのような。

その後はスクスク成長してくれて、
今はもうずいぶんといっちょまえになりました。
一度狙ったものは手に入れるまで諦めないし、
食べ物も大人と同じものを欲しがります。
ごまかしが利かなくなってきて、手強いこの頃です

1歳になったし、
いつの間にやら卒乳もしちゃったし、
もう『赤ちゃん』とは呼べないのかな??
でも、眠たくなると私にペターっとくっついてくるとこは、
まだまだ赤ちゃんぽくて可愛いーのです。
あと、髪がまだまだ薄いとこも、赤ちゃんぽいな。。

3月3日生まれなので、初節句と誕生日を一緒にお祝いすることに。
一升餅を背負ってお雛様の前を歩く、
散らし寿司を食べてショートケーキも。
な~んて、ワイワイ混ぜこぜなお祝いでした
ちょっと忙しかったけれど、子供がいるとイベントが増えて楽しいね。

----------------------------

ところで、実はまだ日本にいま~す。
本当なら今頃もうスコットランドに戻ってる筈だったのですが、
帰国予定日の前夜遅くに、にょん子が急に発熱!!
気づいた時には38.3℃。夕飯も元気に食べていたのに。
なんの熱だかわからない状態で飛行機に乗るのがこわかったので、
帰国を延期しました。
結局、風邪の診断でしたが、
翌日39℃を超えたので、やっぱり飛行機に乗せなくってよかったみたい。

子供の熱って、こんなに急に出るんだね。
子連れの旅はままならぬ…
これからは、格安チケットではなく、
便の変更ができる大人な航空券にした方が安全そう
ちなみに、今回は
名古屋→パリのJALチケットは、
マイルで買っていたので、一人1500円で変更できましたが、
パリ→エディンバラをeasyjetで取っていたので、この変更がアイタタタ…
変更に伴う出費4万円ほどなり。チーン。
いい勉強になりました。シクシク。

12日にパリ行きの飛行機に乗って、それからパリをちょっと楽しんで、15日にダンディに戻ります。
ダンディはそろそろ水仙が咲き始める頃よね??楽しみ~♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。