スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
36週になりました 
36週になりました。
モーゼスバスケット、カーシートやプッシュチェアーなども家に届いて、準備はほぼ整った感じです。
(が、私の心の準備がまだ…できそうもない

ベビーのほうもまだ逆子状態のようです。
ネコのポーズのような逆子体操は、お腹が恐ろしいほどに張るので諦めて、
替わりに、コチラの雑誌に載っていた壁を支えにして足腰を上げるポーズをとってみたり、
体内のスペースが広がるイメージでヨガをしたり、
回れ~と念じつつ横向きで眠っているのですが…、
それでもベビーは、相変わらず私の腸のあたりを元気にキック(痛いのよ~!!)しています。

このまま逆子が直らなかったら、
『来週ナインウェルズでスキャン→詳細を確認→その後を決定』です。
UKでは『37週くらいに外回転術でターンを試み、
それでも逆子が直らなければ帝王切開を推奨』ということになっています。
(ガイドライン:CG13 Caesarean section: Information for the public
どうしても帝王切開というわけではないようで、
ミッドワイフさんの『どうしたい??』の問いに
『リスクが少ない方法がいい』と答えたところ、
『それはね~主観的な意見になるから、あなたが話す相手によって、違うことを言われるわよ。ドクターでさえ違うことを言い得るし、私が"帝王切開"を薦めたとしても同じミッドワイフチーム内でも"普通分娩"を薦めるラディカルなミッドワイフもいるわ~。ネットに情報が沢山載っているから、参考にして考えてみて。』との返事。
う~ん…最終決断は自分ということか。
今は取りあえず、
『37週の外回転でクルリとターン⇒問題なく普通分娩可能』になることを願うのみかな。

ところで、イギリスの医療制度(NHS)ですが、
今まで産科関係でお世話になったなかで、内診もなく検査が少ないことを不安に思った時期はあったものの、ミッドワイフさんに何でも相談できたり、ヘルスビジターさんが家に来てくれたりするシステムに福祉力の大きさを感じていました。
が、これはちょっと能天気すぎだと、考えの甘さを実兄に指摘されてしまいました。
現実的には、NHSは崩壊中で医師の質も低下中。
医師にはちゃんと納得いくまで、説明を求めなければいけないようです。

『医師』というだけで無条件に信用できるわけではないのですね。
異国での出産で言葉が不十分な故にすでに不安でイッパイだというのに、その上更に…不安倍増です。

再びところで(&ちょっと愚痴)、ですが、
マッチャンを見ているとどうも『父親になる自覚が足りない??』ように思えるこの頃。
やっぱり男の人は、少なくともベビーが産まれてくるまではピンと来ないものなのか??
父親はいつから父親になっていくんでしょう??
スポンサーサイト
犬の障害物競争?? 
今日、光がキラキラ気持ちよい陽気だったので
ランチを持ってCamperdown Parkに出かけたところ、
こんなの↓↓やってました。
ハードル

シーソー

犬の障害物競走(アジリティー)です。
ハンドラーの指示に従って、障害物を順番にクリアしていきます。
皆、元気に走っていてカッコイイ!!
障害としてハードル、シーソー、登って降りる歩道橋のようなものがありました。
シーソーなんて、端から登って行ってキッコンバッタン。ヒエ~コワッ
見ていて特におもしろかったのが、
直線状に短間隔で立てられたバーの間を右左ジグザクに走り抜ける連続S字!!
…これは、胴長犬(ダックスなの)のウチのロッタにはまず無理だなぁ。バターになってしまう…。

春の光の中、活き活きと走ったり飛んでいる犬たちがとても印象的でした。
ところで、ハンドラーの中に『ライト』『レフト』という指示を出している人もいたのだけれど、犬も右左を理解しているの??…これまたウチのロッタ(おバカなの)には程遠い次元の話…。
ヘルスビジター来る 
早くも34週になり、
今日は、ヘルスビジターさん(日本の母子担当保健婦)が我が家にやって来ました。
家庭訪問なんて…と、ドキドキしていたのですが、
やって来たのは、目力バッチリの素敵なお姉さんでした。
英語もクリアでわかりやすくてホッ~。

出産前の訪問ということで、
産後にどうゆうケアがあるのか等を説明してくれました。
産後10日間はミッドワイフによる訪問ケアで、
その後、ヘルスビジターにバトンタッチされ、
6(?…忘れました)ヶ月間は2週間に1度、
家への訪問またはGPへ出向いて、
チェック&アドバイスをしてくれるそう。
その他、母乳ケアの人による訪問もあるんだそう。
なんと手厚い!心強~い!!さすが元祖『from the cradle to the grave』の国!!!

それから産後ブルーについての話があり、
『自分、夫、友達…に何でもいいから話すのよ』とのこと。
このとき、『japanese girlを2人知ってるわ』とも言ってました。
この2人って、ズバリMさん&Rさんでしょうか??フフフ~。

今は静かな我が家ですが、
産後、実家の両親もヘルプに来てくれることになったので、
出産と同時にとても賑やかになりそう。楽しみになってきました。

あとは、ベビーの逆子状態が直ってくれるコトと、
出産のタイミングがマッチャンのテストが重ならないコトを、
ただ祈るだけ…(う~ん微力だ)です。
ケールの季節?? 
『今がケールの』なのだそう。
ケールは、霜にあたることで、甘みと風味が増すんだそうな。

今まで、私の中では『ケール=青汁(→バツゲーム)』のイメージしかなかったので、
スーパーでケールを見かけても『どうやって食べるんだ??』と、
遠巻きに見ていただけだったのだけれど、
今回、初トライしてみました。(旬って言葉に弱いんだよなぁ)

食べてみたもの~
その1:ケールのクルミ和え
 ケールとクルミのほろ苦さがぶつかってしまう感じかな。
 でも、マッチャンは『ほうれん草のより好き~』と喜んで食してました。

その2:ケール卵とじ
 ちょっと濃い目に煮て、卵を落としました。
 これはバッチリ♪とってもいけます。
 ちょっと残ったほろ苦さがたまらない~。
 しっかりカールした葉の食感もグ~。
 私は、多分この食べ方が一番好き☆

その3:ケール混ぜご飯
 ごま油で生姜風味に炒め煮て、混ぜご飯に。
 これもいけた~!!
 山菜ご飯の感じ。油揚げを入れてもよさそう。

その4:ケールサラダ
 Cookpadで見つけたレシピ。
 カラカラにしたベーコン&ガーリックを茹でたケールに和えて。 
 サラダが欲しいときにいいかな。

それから、Wikipediaには、tamari-roasted almondsなんて食べ方も紹介されていました。
確かに、お醤油との相性バッチリ!!だと思う。
思っていたよりもずっと食べやすく美味しいし、栄養価もタップリのハズ♪
何と言っても、たっぷり入って1袋£1未満。ほうれん草よりお得~♪
いいものに出会って、ちょっと得した気分~
(…って今まで試していなかっただけなんだけれど)

そうそう、
ornamental cabbage(葉牡丹)と売られているモノの多くが、
実はケールなんだそうな。
そういえば、子供の頃飼っていたコッコちゃん(♂・凶暴キャラ鶏)、
庭の葉牡丹をよくつっついて食べていたなぁ~。
(但し白い葉牡丹のみ。紫の方は美味しくないのか??)
そうか、あれがケールだったのか…。

日本でこの季節にお馴染みの白菜や大根が気軽に手に入らないのは残念ですが、きっと、こちらにはこちらのよいモノが色々あるんでしょうね。
身近な食材でオススメのモノ/食べ方がありましたら、教えてください。m(_ _ )m
MWS UK版スタート!! 
先月から、MWSがUKでもスタートしました↓↓

MWS UK版:http://weathernews.co.uk

おぉ~このマイルドな陽気はもうすぐ終わって、
週明けにはググッと寒くなるのね~。
Dundeeの天気って、
新聞の天気予報でも扱われていないコトが多いので、
こうやってキレイに見られると新鮮&気持ちいいです。
(Dundee以外の方は、右側のSearchから検索すれば出てきます)

それから、雲画像。キレイです。
何回見ていても飽きません。
こちらでは、こんなキレイな雲の画を他に見かけないような…。

この先、コンテンツを増やしていく予定のようです。
この国だと、どんなコンテンツがあるとおもしろいんでしょうね??

ちなみに日本のはアレコレ充実しています↓↓

MWS 日本版:http://weathernews.jp

以上、本日のオススメでした
や~っと完成♪ 
knit

冬の入り口からとりかかっていた『ベビーコート兼おくるみ』が
なんとかようやく完成しました~。
ポイントは、フードに付いた耳。ピョコンとかわいい♪

実は、コレが初のかぎ針編み挑戦で…
どうなっているのかわけ分からず、
途中、間違いに気付いてやり直すこと数回。
おまけに、旅行先でアミアミしようとドイツ旅行に持って行ったら、
ヒースローでのBAロストバゲージ大混乱に遭遇してスーツケースごと行方不明になってしまったり。

(結局、スーツケースとその中のアミアミは、
旅行から戻った後、自宅に宅配で無事届けられました。
あの頃は、BAの対応のお粗末さに『もう何も戻ってこないんじゃないか…』
と思ってもいたので、スーツケースに再会できた時は、
怒りを忘れて、思わず感涙もの
だがしかし、
ロストバゲージによる旅行中の出費についての補償を求めても、全く音沙汰ナシ。
やっぱり怒ですね~。)

はぁ~なんとか出来上がってよかった~。

それから、スリングも完成↓↓
sling

(※中にいるのは、『湯たんぽ』羊のムウです)
ミシンをこっちに持ってきていないので、ひたすらチクチク直線縫い。長かった~。
このスリングで身軽なフットワークを夢見ています。
…甘い、かな??
ちなみに、作り方はココを参考。リングはアメリカから通販しました。

そして、ビブ↓↓
bib

これは、いただいたキットに刺繍をしたもの。
ラブリーな色使い♪さすが日本にはかわいいモノがありますね~。
Mちゃん、ありがとう。o(^▽^)o

アミアミヌイヌイのお陰で、ソファの上で過ごすヌクヌク時間が、すっかり癖になってしまったこの頃です。
…次、何か作るモノないかな~??

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。