スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけましておめでとうございます 
遅ればせながら…

あけましておめでとうございます!!
今年も、皆さまにとって素敵な年になりますように!!

今年の新年は、
お友達の旦那さんご実家宅のちょっと田舎の素敵なお宅での
オイルフォンデュ年越しのあと、
家族会議で急遽決定されたドライブ旅行で
フランスを南下して、プロヴァンスまで行ってきました。

tachiagari

↑にょん子、立ち上がりがブームです。
掴めるものがあれば、なんでも掴んで立ち上がっています。
ベビーシートにもなかなか座りません。。。
座らせる度に、毎回大泣きです
なんかこの頃、ものすごく我が強くなってきたんですが、
子供って、こんなんでいいんでしょうか??
このまま超ワガママ児になってしまったらどうしよう…不安

mirumando1

mirumando2

↑リヨンの南135kmのところにある小さな村・ミルマンド(Mirmande)。
不思議なほど人の気配がなく、あるのは焚き火の匂いだけ。
静かに洗練された村。村人たちの美意識が相当高そうです。
『美しい屋根の村』にも選ばれたことがあるそうで、
雨の中、屋根がしっとりいい雰囲気。

gorudo

↑プロヴァンスのゴルド(Gordes)
天気が今一だった今回の旅ゆえの虹!!

tansu

↑お宿のマダムのお部屋
ニゃンコ(Luluちゃん)の後ろにあるタンス、
な~んと、マリアテレーズさんの旅行用ダンスだったものなんですと。
ほ~。アンティーク。
と、いうより、
旅行用のタンス、って一体どういうこと??
凡人には想像すらできません。


新年早々、ドタバタな我が家。
今年も慌しい1年になりそうな予感です。

なんと、
パリ生活もあと10日を残すばかりとなってしまいました。
もうすぐパリを去って、スコットランドへ戻ります。
今日は、日通さんよりダンボールが到着。
そろそろ引越しの荷造りをしなければなりません。。。
スコットランドに戻る前に、
私とにょん子は、ひと月ほど日本で過ごして、
3月頭にスコットランドに戻る予定です。
去年3月のスコットランドは太陽とお花に恵まれて、気持ちよかったな~。
今年はどうかな??

ところで、明日からソルド(セール)ですね~。
今日、お店に下見に行って、
ちゃっかり試着までしてきちゃいました~♪
明日は寝坊できないぞ!!フフフ~。
スポンサーサイト
鯖みそ 
週末というと、公園かマルシェをブラブラしているこの頃の我が家ですが、昨日、Enfants Rougesのマルシェに行ってきました。
そして↓↓↓
saba
『鯖みそ丼』
体に染み入る優しい味わい~。
海外でこの味が食べられるなんて。感涙~

鯖みそに添えられているのは、ヒジキの煮物と青菜。
丁寧に作られていて、例えていうならば『都内OL向け定食』な感じ。
こんな味、この頃ずっと忘れていたな。。。
やっぱり日本の家庭料理は体においしい!!
これで、体調崩したときでも美味しい和食が食べられる。。ほっ

taeko
お店の雰囲気。
炊飯器の湯気がホワホワです。
日本女性陣がキビキビ動いています。

このお店、常設マルシェの中にあります。
マルシェには、他にモロッコ、イタリア、レバノンなどの惣菜屋さんがあって、どれもイートイン可能。
皆それぞれ、おいしそうに食べているので、あれこれ食べたくなって困ります。
ビオ八百屋もアリ。
マルシェなんだけど割と余裕があるので、ベビーカーでもまわれました。

ちなみに、パン屋さんのクレープも美味しかったです♪

>>お店情報<<
Taeko
Marche des Enfants Rouges
39, rue de Bretagne 75003
月曜日以外オープン
丘の上の小さな村 Flavigny-Sur-Ozerain 
先週末のことですが、ブルゴーニュにドライブに行き、
フラヴィニー・シュール・オズラン(Flavigny-Sur-Ozerain)
という小さな村に行ってきました。
映画『ショコラ』(2000年)に出てきた村です。
この映画、ホンワリ心を温めてくれるストーリーで、
ジュリエットビノシュとその娘が赤いマントを羽織ってでてきたシーンが印象的で素敵でした。
もう何年も前、夫と結婚する前に一緒に観たんだよなぁ。
う~ん。そんな頃の自分がなつかしい。。。

ブル1

丘の上にチョコンとあるかわいい村。

ブル4

見上げると、マリア像。

ブル3

家々はつつましく、素敵。
3人集まって談笑していたマダム達が
のんちゃんに声をかけてくれたりして、心優しい。
パリの人よりだいぶ優しい!?

ブル5

教会の前のカフェ。
どでか~いタルト。一切れの中に、プルーンが10個くらい入ってた。
コーヒーは、インスタントだったりしたのですが、
でもそれが、なつかしい感じでかえって新鮮。

ブル2

ブラブラお散歩。
村のまわりは地平線まで続く広~い農地。
白い牛・シャロン牛も歩いていました。

この週末は、この村のほかに、ワイン産地の村々&畑をドライブ
名前を聞くと、その高名に『おぉっ!!』と一瞬畏れをもってしまうような村でも
行ってみればごくごく小さな村だったりして、意外な感じでした。
そうそう、ワインって農作物なんですよね。
レストランでワインが出てくると
つい緊張してしまう小心者の私でしたが、
ブドウ畑を見て、急にワインに親近感がわいてきました^^。

>>フラヴィニーへの行き方
ディジョンの北西約70km
N5→A38→D905→D9Jへ
D905から村の方に曲がる所は看板があるので、見落とさなければ大丈夫。
ちなみに、村の名物はアニスキャンディです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。